桜庭あさみのつぶやき日記

桜庭あさみの漫画のお仕事や、日常のつぶやき日記です.

デジタルコミックの下描きの色

>

f:id:asamiouba:20190323215450j:plain

3月8日のクリップスタジオの基礎講座で、自分のiPadで受講しました。

そのあと懇親会がありiPadに制作中のマンガがあったので、他の先生にお見せしたら

 

下描きが赤色なのですか!?

 

と、びっくりされました。

 

確かに手描きでは、赤色の色鉛筆などで描いたら、印刷に写ってしまいます。

 

私はもうネームからフルデジタルなので

 

f:id:asamiouba:20190323215847j:plain


「下描き」フォルダをもうこのように何色かのレイヤーで作っていて、このレイヤーでネームからやります。

 

f:id:asamiouba:20190323220023j:plain

 

表現色はグレーで、レイヤーカラーで色を変えています。

表現色のグレーは、データを軽くするためです。

 

f:id:asamiouba:20190323220157j:plain

そして素材に登録をしていて、新しいデータにここからドロップしていれます。

 

薄い色でネームをやったり、一番上の濃い色は描き文字や、効果だけ描いたりなどもう下描きの時点で、いろいろ分けて描いたりします。

 

そして下描きもデザインドールを使わなければ、しっかり骨組みやあたりを描いて描くので、下描きの線も多く、いちいち消して修正をするより、上の別のレイヤーで修正や追加をしたほうが時間も無駄にせずにすむからです。

 

今制作中の江戸時代のマンガは、デザインドールのあたりを使っていますが、着物を描くことになれていなかったので、1話は1回描いてもまたいろいろな資料と照らし合わせて、別レイヤーで何度も修正しました^^;

 

f:id:asamiouba:20190323220956j:plain

クリップスタジオは、レイヤーで1枚1枚レイヤーカラーの設定ができますが、フォルダもレイヤーカラーが設定できるので

 

f:id:asamiouba:20190323221108j:plain

 

「赤色の下描きは、いやだな~」

 

と、思ったら別の色にもすぐ変更ができます。

 

ペン入れが終われば、下描きフォルダは削除します。

 

クリップスタジオは、本当に便利です^^

 

オートアクションで、このような下描きレイヤーをつくるアクションを作って作業をしていらっしゃる方もいます。

私はネームから使うので、レイヤーが多いので、素材登録をして使っています。

 

やっと3か月ぶりに部屋の掃除をしつつ、2話の下描き、ペン入れに戻りました。

月末までにできるだけ量をこなすように集中してがんばります。

 

桜の花見に行って、写真をとってこない限り、ブログの更新はしばらく滞り気味です。

はてなのブックマークから、かなりの方が読みにきてくださり、本当にありがとうございました^^