桜庭あさみのつぶやき日記

桜庭あさみの漫画のお仕事や、日常のつぶやき日記です.

一週間ほど、ブログ更新が途絶えそうです^^;

先日4月からお問い合わせをいただいていたクライアント様から急なご依頼があり、それと別に定期的にいただいているお仕事があるため、明日からかなり忙しい1週間になります。

 

そのためすごくいいことなどがないと、ブログ更新はできないと思います^^;

TwitterFacebookも、あまりのぞけないと思います。

 

連載準備のほうは、アシスタントさんに背景を進めていただいており、どんどん上がってきている状況で、本当にありがたいです^^

 

「何かすごくいいことがあって、ご報告ができたらいいな~」

などとと思いながら、お仕事がんばってきます^^

 

江戸時代の服装の資料をまとめています

f:id:asamiouba:20180714184630j:plain

 

来週1週間は、私が広告漫画の仕事でつぶれそうなので、その間に背景や3D,そしてMOBを描いていただくために、OneNoteに今整理して本のスキャンや私の撮ってきた写真、そしてMOB資料用にクリップスタジオで購入させていただいたくろすけ033さんを服装別に分類して、貼りつけたりしています。

 

くろすけ033さんの素材は、そのままでも使えますし、それ以外の場面や動きのMOBを描いてもらうのにとてもいい資料なのです。

 

f:id:asamiouba:20180714185334j:plain

 

画像をクリックすれば、くろすけ033さんの素材のページに飛びます。

 

地味に準備に時間はかかるのですが、アシスタントさんのためにも自分のためにも役にたつので、がんばってまとめます。

 

連載の1話目の作画の締め切りがいよいよ迫ってきておりますので、あわただしくなってまいりました。

 

極暑で部屋に閉じこもっていても、ちょっと夏バテ気味で、準備をすることがまだまだたくさあり、時間がかなりかかっておりますが、江戸時代長崎独自の花魁(太夫)のお話にはなっているので、いい作品になるようにぎりぎりまでがんばります。

 

どうかこのような極暑の中でも、外でお仕事をしていらっしゃる皆様、被災地で復旧作業をしている皆様、ボランティアの皆様も熱中症などお気をつけて、がんばってください。

 

Google当選詐欺にご用心

f:id:asamiouba:20180713224238p:plain

 

いきなりこんな画像がポップアップしまして、

 

「怪しすぎる~!」

 

と思い、SSを撮り「Google水曜、金曜当選」で検索すると、詐欺であることを説明するサイト様がすぐありました。

 

「おめでとうございます!Googleをお使いのあなた!」当選者に選ばれました通知に注意(2018年7月10日再び急増中)

 

個人情報やクレジットカード情報を抜くための詐欺です。

懸賞品にまったく興味がなかったのもあるのですが、本当に詐欺が巧妙になってきましたね。

PC初心者の方や、ご高齢の方はすぐ騙されそうです。

 

豪雨の被災地でも、ボランティアと言って後でお金を請求したり、ブルーシートだけ取り付ける作業なのに、あらぬ修理箇所を捏造して、追加の料金をだましたっりと悪徳商法もよくあるらしく、そんな業者はすぐ警察に取り締まっていただき、しばらく塀の外に出さないでほしいと思ったりしています。

 

大変な目にあっている被災者の方に、ボランティアに行かれたり、救援物資を送ったり、気持ちでもと募金をする人がたくさんいらっしゃるなか、こんな苦労している被災地の方々の傷に塩を塗り込むような詐欺を思いつく人もいるのです。

 

本当に皆さま、詐欺、悪徳商法に騙されませんように、お気をつけてください!

 

あらすじ5話分OKがでました^^

今週月曜日には、5話分の大まかなあらすじのOKをいただきました^^

なんとか前回あげた混血の美少年は、生きながらえて登場できそうです。

本当にありがたいです。

 

おかげで、はっきりとストーリーの構成が決まったので、連載企画で出した1話目のプロットも新たにエピソードを入れ替えたりして書き直し、2話目のプロットも先ほど書き上げて、担当さんにお送りしました。

 

OKがでれば、2話ともネームに入れます。

 

しっかりプロット書かないと、ネームに入れないたちなので、1話分をワード4枚分は一気にテキストを打ちまくりました。

話が決まっているのですが、まだ江戸時代の長崎弁が怪しく、変換するのにちょっと時間がかかりました。

 

長崎の方言は本を買ったり、歴史小説も読んでいるので、わかりはするのですが全部正確に変換すると日曜日にあっているNHK大河ドラマ「西郷どん」の薩摩弁よりわかりにくく、注釈をセリフにかなりいれなくてはならなくなりそうなので、わかりやすいぎりぎりでいれることを担当様とも相談をしています。

 

ずいぶん昔に発行された長崎丸山遊女の歴史小説を読みかけている中に、かなり忠実に長崎弁でセリフが書かれていて、長崎出身の私でも読みにくくて、話の内容が入ってこない本があります。

出来事がなく、ほとんどセリフで話が進む本なので、本当に読みづらいんです…。

アマゾンのレビューにも、同じようなことが書いてありました^^

 

 

 

丸山蘭水楼の遊女たち(新潮文庫)

丸山蘭水楼の遊女たち(新潮文庫)

 

 

キンドルなので発行は最近ですが、書籍はかなり古い本です。

小説にしては、ちょっと構成や話の運びに難がある本です。

前回紹介した犯科帳の中の事件をやはりもとにして、小説にされています。

タイトルに「遊女たち」と入っているので、買ったのですが…、

遊女の話はあまりでていません、今読んでいるところでは…。

 

 

プロットのお返事がくるのには数日かかりますので、その間に広告漫画のお仕事やアシスタントさんに大量に背景のお願いをする準備をいたします。

 

もう長崎奉行所の3Dなど数点上がってきていて、チェックを待っていただいている状況です^^

 

f:id:asamiouba:20180713061922j:plain

 

カラーで作ってくださるので、びっくりしています。

これをモノクロに変えて、マンガに使います^^

 

 

 

 

 

西日本豪雨で被害にあわれた方々のご冥福をお祈り申し上げます

大阪で地震で被害にあわれた方がでたばかりなのに、13県の広い地域で、豪雨のためにすでに184名の方がたがなくなられいて、まだ行方不明の方も多く、被害はまだ広がる可能性があり、大きな被害がでて、亡くなられた方々にご冥福をお祈り申し上げます。

 

今避難所にしか避難できず、この暑い中、水道、電気の完全復旧も遅れている状況でさぞやご苦労されていると思います。

 

tech.nikkeibp.co.jp

 

本当にこのように広い地域で、被害にあわれています。

 

マンガジャパンでも、直筆色紙、その他オリジナルのものを集めてチャリティーを始める準備を開始して、各先生にご連絡が回っています。

 

donation.yahoo.co.jp

 

yahooのほうでも、簡単に現金は500円からで、Tポイントだと1ポイントからでも募金ができます。

 

数日出かけることが多く、yahooの募金のほうは、早いうちに気持ちだけ募金はさせていただいてはいたのですが、ここまで被害が大きいとは思いませんでした。

 

ここまで被害が大きいと、復旧に時間がかかりますが、どうか1日でも早く普通の生活に戻られるように、心からお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

着物の人物のクロッキーも始めました

 

f:id:asamiouba:20180708222318j:plain

 

今日は日曜日というのに、広告会社の担当さんからご連絡がきたり、その関係でまたいろいろご連絡したり仕事関係の事務処理と、久しぶりのお天気で洗濯や家事に精を出して、やっと先ほど町人娘のクロッキーを2つほどやりました。

 

クロッキーをしながら、自分がイメージしていたものをとしわや見え方が違い、かなりクロッキーしないといけないと改めて、思った次第です^^;

 

クロッキーをもう1日中やりたいぐらいなのですが、資料の本を読むのもたくさんあり、エピソードを思いついたらiPadにメモ書きに走り、3Dをアシスタントさんが上げてくださるのを確認したりなど、落ち着かずいろいろやっています。

 

最近読んだ本は

 

出島遊女と阿蘭陀通詞―日蘭交流の陰の立役者

出島遊女と阿蘭陀通詞―日蘭交流の陰の立役者

 

 オランダの博物館で、丸山の遊女が出島のカピタンに送った手紙が100通あり、それを筆者の方が長年かけて解読して、本にまとめたものです。

 

日本には所蔵されていない貴重な遊女の手紙の原文の写真が載っており、その時代を感じることができます。

今丸山遊女を調べている私には、本当にときめく本でした。

 

ただ江戸時代を調べ始めたばかりの私には、昔の文章が読みづらく、筆者の方はそれぞれの読者の創造や解読に任せるという意図から、詳細には解読されていないのです。

筆者の独断でいいので、もう少し解読してほしかったと思うのは、私が無粋なのだろうか…と思ったりしました。

 

犯科帳―長崎奉行の記録 (岩波新書 青版 440)

犯科帳―長崎奉行の記録 (岩波新書 青版 440)

 

 

江戸時代の長崎で特徴的なものは、江戸時代で起きた犯罪と処罰を記録した「犯科帳」が、まだ実在することです。

 

もう実際の本はボロボロで、それを後世に伝えるために作者が特徴のあるものを抜き出してわかりやすく解読して1冊にまとめたものです。

 

遊女の事件もあるのですが、普通の町人の生活で中の事件もあり、江戸時代長崎の人たちの暮らしが想像ができて、とてもおすすめの本です。

 

リンクは、1962年発行になっていますが、岩波書店から特装版がでているので、そちらをおススメします。

私はこの1962年のも、1993年に発行された特装版も同じものとは思わず買ってしまいました^^;

 

 

長崎犯科帳異聞 (1981年)

長崎犯科帳異聞 (1981年)

 

 

上記の犯科帳をもとに、歴史小説にまとめた短編集です。

とても読みやすく、おもしろかったです。

「嫁御盗み」は2つの事件をうまく1本にまとめて、印象に残りました。

 

 

夢暦 長崎奉行 (光文社時代小説文庫)

夢暦 長崎奉行 (光文社時代小説文庫)

 

 

あの有名な遠山金四郎のお父さんが、長崎奉行の中で名奉行として有名で、親子一緒に長崎の犯罪を解決するお話です。

NHKでテレビドラマ化されたものを、小説にしたものです。

 

さすが長崎県出身の市川さんで、本当に江戸時代の長崎の地理や物事、行事を目に浮かぶように書いてくださり、感謝しかありません。

テレビドラマも見てみたかったです^^

 

かなり古い本を読み漁り、中古でしかない本もあります。

 

それ以外もまだ読んでいない本が、枕もとで山積みなっております。

 
長崎に取材で帰省する前は、吉原の遊女の本をけっこう読んでいたのですが、長崎の丸山遊女のしきたりなどがだいぶ違い、長崎についてから驚くことが多く、長崎歴史博物館で大慌てで資料をスキャンしたりしました。
 
ショップでももうアマゾンでも、発行元も売り切れでない本があったりで、スキャンもかなりしてきましたが、資料の本も山のように買ってきました。
 
長崎に取材に行って、本当によかったです^^
 

 

連載準備も忙しいのですが、広告漫画のお仕事のほうもお盆進行で、各社様ご連絡がいつもより遅めなので、7月末がかなり忙しくなりそうな予感がしてきたので、今のうちに家事や明日も市役所の手続きや外で済まさなければいけない用事を済ませてきますので、専門学校が火曜日もあり、水曜日まではブログは滞ると思います。

 

 

 

 

似顔絵のお仕事は、しばらくお受けしない方向に決めました

連載の準備も佳境になり、私の趣味のようになっていた似顔絵描きのお仕事は、しばらくお受けしないことに決め、私のHPからも似顔絵のページは削除いたしました。

www.asamiouba.net

 

 

f:id:asamiouba:20180708104135p:plain

 

f:id:asamiouba:20180708104217p:plain

これが削除した似顔絵のページの一部です。

 

私の似顔絵は、他の似顔絵を描かれる方と表現方法が違うため、1日に名刺似顔絵は2枚程度かけるぐらいです。

 

今流行りの似顔絵の描き方もよく知ってはいるのですが、私の描きたいものと違っていたのと、流行の似顔絵は早く描かれるがゆえに、似顔絵イラストの単価がすごく安い相場になっていて、手がかかるわりに報酬が安いので、私の趣味となっていたお仕事でした。

 

似顔絵で本当に稼ぎたいのであれば、イベント会場に行って描くのが一番の手段です。

 

名刺似顔絵以外も、いろいろな似顔絵のご依頼はあり、数件量がすごく多いお仕事のご依頼もあったのですが、単価が安く、お断りした仕事が昨年はけっこうありました。

なのでここ1.2年は

「似顔絵のお仕事は、きついな~」

と、思っていました。

 

ブログで公開している似顔絵のお仕事は、十分な原稿料をいただいたお仕事です。

でもそいういう似顔絵のお仕事は、少ない現状です。

 

本業は漫画家なので、連載をもうすぐ開始をする身としては、趣味のお仕事は抑えて、

連載に集中すべきと思い、現在きているお仕事を終えましたら

 

「似顔絵のお仕事は、しばらくすべてお断りする」

 

ことにしました。

 

連載をがんばります!!